相続や遺言書などは弁護士に相談するべし|任せて安心法律事務所

男の人

理解しておく

男女

相続放棄をすることで財産が受け取ることができなくなります。形見分けは別になるので問題はありません。また、相続放棄をしてもうけとることが出来るものもあるので理解しておきましょう。

遺言書で相続させる

弁護士

遺産相続で揉めたくないのであれば遺言書を残しておくことがいいでしょう。そうすることで法律に関係なく、相続させることができます。作り方などを理解しておく必要があるので、情報収集しましょう。

相続放棄をする

握手

相続によって得られるものは、いろいろあります。連帯保証人になることや負債を抱えていれば相続として背負ってしまうこともあります。しかし、相続放棄をしてしまうことでそういった問題がなくなります。

専門家に相談する

男性

最近、相続による争いが急増しています。今は丁度バブルで一財産築いた世代が、子供へとそれらを譲る年代になってきているせいなのです。元々資産家であれば、遺言書等によって相続問題は綺麗に解決できるようにしてあったり、行政書士による対応があったりしたのですが…一般的な家ではそのような準備も無く、遺言書を残していても、法的に無効だったりと問題が多くなってきています。お金の事は非常に長引きますし、裁判所や調停等になれば、それだけ関わっている人の疲れも出てきます。ゴネ得にならないように、今から相続に関する知識や、遺言書の正しい書き方、そして今貴方が持っている財産達は、貴方が死んだらどのように流れるのか…と言う事を勉強しておきましょう。弁護士や行政書士へ全てを任せ、管理を依頼する方法もありますし、小さな事であれば貴方が生きているうちに遺産相続の会議を行い関係のある人でちゃんと取り決めをしておく事も大切です。死んでから後悔しても遅いですからね?行政書士や弁護士の利用は特別な事ではありません、十分に貴方にも関係がある事なのです。遺言書等は知識さえあれば、特別な物を用意せずとも書く事が可能ですし、後は貴方のやる気次第…死んでから家族に揉めてほしくない、面倒な事になってほしくない。そう思うのなら遺産相続に関しての面倒は残さないようにとりはからいましょう。行政書士も弁護士も、無料相談や電話での受付もしてくれていますから、気軽に電話して下さいね。